防災訓練を実施しました(H27年11月29日(日))

11月29日(日)8時30分、直下型地震発生、津波発生なし、家屋倒壊・火災発生との想定のもと、防災訓練を実施しました。参加者 27名。

想定地震発生直後から、町内15地区毎に運営委員と防災委員が一緒になり、避難行動要支援者79名宅の安否を含め、担当地区の想定被害状況を確認、その後、避難場所である勘久公園に集合、町内会全体の安否確認状況、被害状況の集約、把握を行いました。

今回の訓練においては、各地区とも、しっかりと安否確認・情報伝達が行えることが確認できました。

その後、辻堂地区総合防災訓練に合流するため、全員高砂小学校に向かいました。

高砂小学校では、171避難伝言板ダイヤルの使用方法訓練、土のう訓練、応急救護訓練、濃煙体験訓練、消火器消火訓練、単価組立搬送訓練、車いす操作訓練、ロープワーク等が行われ、町内会の参加者がそれぞれ小グループに分かれ、体験訓練を実施しました。

午後からは、自主参加で避難所生活の体験ということでの大家族訓練を行いました。

いざという時に必要なことができるためには、事前の訓練が大切です。

今回の訓練結果を踏まえ、引き続き、訓練内容の充実に努めていきます。

最後になりましたが、老蘇ずしい中、訓練に参加いただきました皆さん、ありがとうございました。

訓練に参加いただいた皆様、ありがとうございました。